Exhibition

Exhibition

秋の展覧会 10月:欧州の美 11月:日本の美

欧州の美:印象派からモダンアートへ
2012年10月18日(木)-10月31日(水)

日本の美:日本画・洋画逸品展
2012年11月5日(月)-11月17日(土)



弥栄画廊では秋の企画展としまして、二つのグループ・エキシビジョンを行ないます。

印象派以降、多くの日本人に愛され多くの画家影響を受けた、フランスを始めとするヨーロッパ諸国の20世紀美術を紹介する[欧州の美]では、ピカソ、マティス、シャガール、ミロなど有名作家の版画、ヴラマンク、ユトリロなどエコール・ド・パリの油彩作品を中心に、御紹介します。

11月5日~開催予定の[日本の美]では、日本画洋画を問わず当店が一貫して扱ってきた、戦前から戦後にかけて日本美術の歴史を作ってきたアーティストたちの作品、特に現在でも美術品としてのエネルギーを失わないと思う作品をセレクトして展示いたします。
香月泰男、熊谷守一、鳥海青児、山口薫、三岸好太郎、中村正義等の作品を展示予定です。

時間を経ることによってより明確になる作家の存在価値、アートピースとしての魅力を御紹介できれば幸いです。